• TOP
  • vol28.シェフのまかないごはん

poroco × Cinderella Story 人気雑誌ポロコとシンデレラストーリーがコラボ!

材料(2人前)

鯛の頭 約150g
ショウガ(千切り) 10g
白髪ネギ 適量
2個
【調味料A】
ミリン・酒 各30cc
醤油 15cc
砂糖・味噌 各10g

作り方 ▶調理時間 約30分

1
鯛の頭を2つに割り、グリルの中火で片面約5分ずつ軽く焦げ目が付く程度に焼く。骨と皮を外し、身をほぐしておく。
2
Aの調味料をよく混ぜ合せ、鍋に入れて火にかける。ひと煮立ちさせアクを取り、1のほぐした身とショウガを入れ汁気がなくなるまで煮詰める。
3
別の鍋に湯を沸かし、酢(分量外)を入れて卵を落としポーチドエッグを作る。丼にごはんを盛り、2をたっぷりのせる。ポーチドエッグ、白髪ネギを盛り付けて完成。

この人に教えてもらいました!

Le Gentilhomme オーナーシェフ
大川 正人 さん
「鯛の頭はまかないに使うことが多いですね。甘辛の味付けでごはんがすすむこの丼は、本当によく登場します。冷蔵庫で約2週間保存できるので一度にたくさん作るのもオススメですよ。取り分けた皮や骨でダシを取りお吸い物にしても美味しいです。」

フランス料理 Le Gentilhomme│
フランスりょうり ル ジャンティオム
季節食材で描くひと皿 全国屈指のグランメゾン

大川シェフの独創性を加えた正統派フランス料理と、心地いいサービスで心も満たしてくれるレストラン。四季折々の厳選食材を使ったひと皿を心待ちにしているゲストも多く、秋から初冬にかけて登場する青首鴨やライチョウ、エゾシカといったジビエも楽しみ。

壁の絵画と落ち着いた照明が上品で心地いい空間。

色鮮やかで涼しげな前菜「鮎のコンフィ 桃のソース」は夏を感じさせる。

魚介の旨味が濃厚な前菜「北海道産花ズッキーニの詰め物 蒸したタラバガニとハマグリ添え」。

電話:011-531-2251
住所:札幌市中央区南4条西8丁目2 サンプラーザ札幌1F
交通:地下鉄南北線すすきの駅4番出口より徒歩約7分
営業時間:ランチ11:30〜L.O 14:30/ディナー17:30〜L.O 21:30
定休日:火曜(祝日の場合、ディナーのみ営業)
席数:40席(全席禁煙)
駐車場:あり(3台・無料)
目安:ランチ2,500円〜/ディナー5,750円〜
サービス:10%
カード:主なものOK
子ども:OK
予約:要
HP:http://www.le-gentilhomme.com


アーカイブはこちらから