News

  • TOP
  • News
  • 光と影の彫刻『陰翳 IN-EI ISSEI MIYAKE』展 開催

世界的なデザイナー三宅一生氏が設立した研究開発チーム、『Reality Lab.』とともに2012年に発表した照明器具『陰翳 IN-EI ISSEY MIYAKE』の展覧会を開催中。
光の濃淡や繊細なニュアンス、影(陰影)に対する日本独自の美意識を重ねた陰影のあやと美、その明かりを体感できる展覧会です。
是非、札幌グランドホテル『グランビスタギャラリー サッポロ』に足を運んでみては?

『陰翳 IN-EI ISSEY MIYAKE』
開催期間:2014年5月27日(火)迄 ※無休
時  間:11:00~19:00 ※2014年5月27日(火)のみ17:00まで
入  場:無料
内  容:ペットボトル再生繊維素材として用い、構造体なしで自立し、折りたたむこともできるシェードとオリジナルLED灯具を組み合わせた照明器具を展示いたします。

■プロフィール
三宅一生+Reality Lab.
三宅一生は1970年に三宅デザイン事務所を設立、
1973年よりパリコレクションに参加。伝統的な職人技と先端的な
技術を駆使し、既成概念を打ち破るデザインを行っている。
活動の根底には、「人々に感動や喜びを与える、快適な日常の
ためのものづくり」という考えがある。2007年に三宅が設立した
Reality Lab. は、ものづくりの未来を探る研究開発チーム。
テキスタイルエンジニアの菊池学とテクニカルエンジニアの
山本幸子を主軸メンバーとし、若手スタッフを含みながら、
ものづくりの可能性を探求している。
2010年に「132 5. ISSEY MIYAKE」、2012年には「陰翳IN-EI ISSEY MIYAKE」を発表。

展示会終了後もグランビスタギャラリーでは今回の展示会でご紹介した照明器具やその他の作品の販売を行います。カタログをご用意しておりますので、是非お気軽に足を運んでください!

2014/05/23