Interview

坂詰美紗子

EXILE・BoA・Kなど様々なアーティスたちへ楽曲提供し、ヒット曲を生み出すシンガーソングライター。リアルなシチュエーションと感情描写、等身大の女性の気持ちを代弁するような楽曲が印象的の奇跡のヒットメーカー坂詰美紗子に独占インタビュー。

久し振りに北海道ということですがいかがですか?

正直久し振りだなっていう感覚しかまだなくて。昨日北海道に入って生まれて初めて十勝のほうでライブをして今日札幌にきて明日お昼の便で帰るので、今回バタバタで何も食べないで帰ってしまうかもしれないんですよね。それでも満喫していますよ!十勝ではイチゴのハウス栽培の中みたいな感じでのライブだったんですけど、十勝の音更で彩凛華っていうイルミネーションのイベントがあってそこを音楽でも盛り上げていきたいっていうことでお話いただいたのが今回北海道にくるきっかけになりました。私と彩凛華のコラボレーションということで会場で音楽がずっと流れてる感じで素敵なライブをさせていただきました。北海道ではインディーズでまだデビューもしてない頃に飲食店でライブさせてもらったことがあったんですが、距離感が近いところでライブするのは不安でめちゃめちゃ緊張したことがすごい印象に残ってます。
今回もお店でライブをさせていただいたんですけどお店の奥さんがわたしのファンでいてくれたらしくビックリしました!今回お話させていただいてたのがお店のご主人だったのですが、横で聞いていた奥さんがえ!?坂詰さんって坂詰美沙子さん!?みたいに驚いてくれたらしいんです(笑)色々縁で繋がらせてもらってるなってすごい思いました。ここのお店“アフターダーク”というお店なんですけど色々なアーティストさんもライブやってて。カッコイイお店なんですよ!

ウェディングの曲も歌われていますよね?

私の親友が北海道出身なんですけど、その親友が結婚する事になって。今までみたいに長電話できないのかなとか、金曜の夜遊んだりできないのかなとか、週末は家族に時間かけなきゃいけないんだーとか考えてたら結婚式の招待状にもすぐに返事できなくて。素直におめでとうって言ってあげられなかったんです。だから、私が歌うウェディングソングは、ウェディングソングなんですけどそういう気持ちも込めた友情ソングみたいな感じにもなっています。だから結婚する人にも、結婚する友人がいるという方にも聞聴いてもらいたいですね。YouTubeで是非みてもらいたいのですが、画像が一枚でてくるんですね。実はそれがその親友と旦那さんなんです!せっかくだからと、親友に写真を送ってもらって。更に、実際に結婚式で歌わせてもらったんですけど、その前に手紙を読ませてもらったんです。「ずっと招待状の返事催促されてたけど、忙しいって言って返事出してなくて。結婚するって聞いて友人を取られちゃうような気がして寂しかった」って思ってってことを話して。サプライズで泣きながら歌わせてもらったのが印象的でした。親友にとってはもちろんのこと、私にとってもすごく大切な結婚式になりましたね。