• TOP
  • ダリアのドレス―花のドレス 11月―FLOWER DRESS NOVEMBER

霜月の由来は「霜降り月(しもふりつき)」からと言われています。
ダリアは、インドを経由して日本に持ち込まれたことと、花の形がボタンに似ていることから、
和名を「天竺牡丹(テンジクボタン)」と呼ばれます。
ヨーロッパでは、ダリアが可憐な大人の女性に例えられ、
19世紀前半には花の女王と賞賛されるなど、
その美しさは昔も今も、見る人を魅了し続けています。

ドレスは水鳥の羽でダリアの花を作り、シルクサテンで上品に仕上げました。
胸元のフェザーと1つ1つハンドメイドのシルクフラワーで美しいダリアを表現しています。
ワンショルダーは取り外し可能なので2パターンの着方を楽しんでいただけます。