• TOP
  • バラのドレス―花のドレス 6月―FLOWER DRESS JUNE
main

水無月の名前は、田植えもすみ田ごとに水を張る
「水張り月」「水月(みなづき)」であることに由来しています。
バラは「サンショウバラ」という日本のバラが
1875年にフランスに持ち込まれ、そこで交配されて生まれたものといわれています。
イングリッシュガーデンも日本のバラが生み出したものなのかもしれませんね。

こちらのバラのドレスはMs.OOJAさんデザイン。
本物のバラの花を写真に撮り、それをプリントに起こした生地はBiBiオリジナル。
プリントを重ねることで立体感を演出しています。
大ぶりなバラの花を繊細に描くセンスはMs.OOJAさんならでは。

アーティストMs.OOJA。デビュー前はアパレルの仕事をしており、ファッションが大好き。デザインのコンセプトは”着心地を大事に自分らしさを表現すること”、”着る人の個性を最大限引き出すこと”