• TOP
  • 蔓薔薇のドレス―花のドレス 6月―FLOWER DRESS JUNE

fb6_main

水無月の名前は、田植えも済み田ごとに水を張る
「水張り月」「水月(みなづき)」であるということに由来しています。
蔓バラは「サンショウバラ」という日本のバラが
1875年にフランスに持ち込まれ、そこで交配されて生まれたものです。
イングリッシュガーデンも、実は日本の蔓バラが生み出したものといえます。

fb6_ph1_s
fb6_ph1_s

蔓バラのドレスは、パープルの布と白の布を重ねてほんのり色づかせたフランス製リバーレースのドレス。
薄紫のバラの大きなリボンを取ってウエストのサッシュを取ると、ウェディングドレスとしても使用出来る2way展開。
どちらの表情も楽しめる初夏の色合いが素敵なドレスです。