• TOP
  • 桜のドレス―花のドレス 3月―FLOWER DRESS MARCH

fb1803_main

弥生とは、草木がだんだん芽吹く月であることから「弥生」となったといういわれがあり、
やわらかで、陽春にふさわしい言葉です。
「さくら」という名前は、日本神話に登場する「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)」
という女性の神様が由来と言われています。
その名前には、「桜の花が咲くように美しい姫」という意味が込められているそうです。

fb1803_ph1_s

桜色が美しいカラードレスは、胸元を桜モチーフで埋め尽くし、
スカートは動くと揺れるオーガンジーの縦フリルが魅力的な一着です。
ぜひタキシードとおそろいのコーディネートをお楽しみください。