Column

第3回 夏の香り

いよいよ夏本番ですね。 一面の雪が一切の香りや音を吸収してしまっているかのような冬と比べると、夏の季節は色んな香りで賑わってい るように感じられます。海の潮風の香り、花火の火薬のニオイ、BBQの墨や火のニオイ・・・その香りにつられて 海、花火大会、キャンプ、野外フェス等々今までの思い出に浸りながらワクワクした気持ちで今年の夏の計画を立 てる。夏と聞いて気分が高揚するのはそんな香りのキオクが働いているからかもしれません。 夏は外で過ごす時間も多くなります。それとともに悩ましいのは虫刺され問題。何故か蚊に刺されやすい私にとっ て(B型は刺されやすいという説もあり?)、夏の虫除け対策は必須です。子どものころは外へ遊びに出かける前 にスプレー缶に入った虫除けスプレーを全身に振りかけられていましたが、そのときはいつも息を止め目までつぶ って体の中に決してスプレーが入ってこないように必死だったのを覚えています。子ども心に、あのスプレーを吸 い込んでは有害だ!という意識が働いていたのでしょうね。 今は‘子どもにも安心~’などと謳った植物の働きを活用した自然な虫除けグッズがたくさんでています。また最近 では野外フェスに行くと、ハッカ油を使用している人たちがいてミントの甘くもスーッとした香りに出会うことも 増えました。ミントには虫が嫌がると言われている芳香成分が含まれているため、虫除けとして香りを使うことが 出来るのです。 アロマを使って簡単に虫除けスプレーが手作りできるので、この夏はアロマの虫除けスプレー持参で夏を楽しんで みてはいかがでしょうか。

富良野1:7~8月が見ごろの富良野ラベンダー畑。 お花以外だけでなく、スタッフさんの服装からバイクまでラベンダーカラーで統一されているのが可愛いです。